◆スキンシップと傾聴①(第五回)

今回は秋に書いてもらった36人の子どもたちの絵の中から、身近にある典型的な症例をご紹介いたします。

エリカちゃん(仮名)。いつも明るく元気な子。でも3年生にしては、若干言動が幼い。自分の思い通りにならないとすぐに怒ってしまうところがあり、友だちとのトラブルも多い。

1枚目の絵(仮面の自分が現れる)では、わりと多くの子どもが描くようなパステルカラーを使って描かれた可愛らしい絵。

2枚目の絵(本音が浮き彫りになる)では、大きな家の中に女の子がぽつんと座っていて、大きな口が印象的な上半身のみの男の人が描かれていました。

これらを見ながら、エリカちゃんの問題がいろいろ見えてきました。

(次回に続く。)

 

投稿者 浦山里見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*