お手伝い②

お手伝いをしてくれてた六年生の女の子。

きっかけは、彼女が飼っていたペットの猫ちゃんが死んでしまった事です。

日課であったペットの猫ちゃんの世話がなくなった彼女は、学校で2年生や3年生等、下級生の世話をするようになったのです。

頭を優しく撫でたり、手をとり給食の机に誘導したりしていました。

休み時間は、下級生のままごとに良く付き合っていました。

猫ちゃんが亡くなってからの数日間は、大泣きでした😭

しかし、『下級生のお世話』という、新たな生き甲斐を見つけてくれたようでした!

でも、面倒は見てくれているのですが

そこは、やはり、健常者同士とは違い、相手が下級生とは言え、様々なバトルやトラブルが起こるのです!!

次回、そのトラブル等を書きますね。

ありがとうございました😊

 

投稿者 息子溺愛パパ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*