サッカー大好きっ子⚽1

今回からは、サッカーが大好きになってくれた男の子の話しを書きます。(^^)
キッカケは、運動会に出場する児童の募集からです。
当時、運動会には、身障者の児童は、親御さんや児童の希望を聞いて、出場するかどうかや、種目の選択がありました。50メートル走や、玉入れ競技等に参加するのです。
その選択を決めるのに、グラウンドに出るのですが、私が、その横で、サッカーボールを蹴って遊んでいたのです。そしたら、トコトコ走って来て、ボールを蹴ろうとしました。当然、インステップキックや、インサイドキック等は出来なくて、トーキックと言って、爪先で蹴るのです。
皮の本格的なボールではなく、ビニールのボールなので、少し痛いかもしれませんが、楽しく蹴って参加して来ました。
次回からもサッカー大好きっ子が、少しずつサッカーが上手になっていく思い出を書きます。
宜しくお願い致します

 

投稿者 息子溺愛パパ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*