問題の違いは…?

ここからは、高校入試での公立・私立の入試問題の違いについてです。

 

ここでいう公立高校とは都道府県立の高校のことです。

国立高校も公立ではありますが、ここでは区別させてください。

 

中学入試ほどの違いはありませんが、問題からは求められているものの違いを見てとることができます。

 

まずは難易度ですが、多くの場合公立高校の問題の方が簡単です。

それは、公立高校では「中学校の教科書レベルの問題がなんなく解くことができるか?」ということを聞いているからです。

 

ですので、極端な話、教科書を何度も見返して完璧な状態にすれば、満点を取ることができます。

以前の大学入試センター試験と同じようなイメージですね

 

投稿者 小泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*