☆愛する家族を看取るということ 7

私の場合は1人だと無理だと思い、長年疎遠であった姉と、母親の介護で再び連絡を取るようになりました。

この時の母はもう90過ぎており、1人暮らしが難しくなっていました。

私は母に頻繁に呼び出されるようになり、往復6時間かかる行脚はとても私には無理な話でした。

嫌がる母親をなんとか介護施設に入れようと、資料を取り寄せ、姉は忙しくて見学が出来ないというので、まず私が色々と見て周りました。

今でも思い出しますがとても暑い夏でした。

次回へ続く

 

投稿者 サクラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*